うつの診断をしっかりと受け止める|早期治療を目指す

笑顔の男性

精神的な病

スーツの男性

うつ病と診断されたら適切な治療を受けることが重要になります。ひとりで抱え込んでいると症状が悪化してしまうケースがほとんどですから、専門の医療機関へ行き治療を受けることを優先にしましょう。治らない病気ではありません。

View Detail

前向きに生活していますか

医者と看護師

抑うつ状態が一定期間持続すると神経伝達物質の動きが悪くなり、うつ病と診断されます。自分でも気が付かない場合も多く、抗うつ剤を使用した薬物療法と共に心療内科での認知行動療法によって否定的な思考を前向きに変えていきます。

View Detail

精神疾患のことを知ろう

男性

内容と原因

今うつになる方が非常に増えています。ではうつとはどのようなこと原因で起こってしまうのでしょうか。そもそもうつとは、様々なことが原因で落ち込んだりして気持ちが回復しないことをいいます。それから、原因が解決してもずっと気分や元気が戻らない方のこともいいます。特にうつになりやすい人の特徴は、几帳面な人、責任感が強い人、まじめな人、気の弱い人、人情に厚い人、相手の気持ちに敏感な人がなどがなりやすいといわれています。うつの原因として一番多いのが、人間関係とストレスであります。人間関係に関しては、常に相手の顔色を伺っていたり、気を配っていたりするとなる傾向が強いです。それから、ストレスに関しては環境の変化も大きく関わってくるといわれています。特に、妊娠や結婚、就職、転勤などのお祝いごとでもなる方が多いです。また、住む場所が変わったりいろいろなことに大きく変化が起こることによってなるということが増えています。それから、薬や病気などによって起こるうつもあるといわれています。病気や薬などによっては胃潰瘍で薬を飲み続けたことでなってしまった方や、肝炎の薬でうつになってしまった方も多く存在するといわれています。

症状と改善法

このようなことが原因でうつになるということがわかりましたが、診断としてはどのような方法があるのか説明したいと思います。まず、精神状態では気分が落ち込みやすくなったり、今まで好きだったことに興味を示さなくなったりするようになります。それから、生きていくのがつらくなり、悪い方へと考えが転換してしまうこともあるそうです。このようなことが主に精神的に現れる症状の一部だとして考えられます。身体的には、疲労や倦怠感、頭痛、食欲の低下、不眠症などが考えられます。このような症状がでた場合はほぼうつと診断されて間違いないと思います。では、うつと診断されたらどのような対策を取っていけばよいのでしょうか。まず、一番大切なことは休養です。体を休めること、心を休めることが非常に重要となってきます。仕事をしていたらまず仕事のお休みをもらうことが重要です。その際は診断書などを必ず会社に提出することが良いでしょう。また、抗うつ剤などの薬を飲むことも大切であります。うつ剤に関しては様々な種類があるので医師の診断をしっかりと受け自分に合ったものを処方してもらうことが大切です。うつ剤は服用し始めてから症状が消えるまでに2週間以上はかかるのでしっかりと服用することが重要とされます。

職場での心の健康を考える

看護師

サラリーマンの多くが、うつ病で長期休職の追い込まれています。これは、社員にとっても、会社にとっても大きな損失です。心の病気も早期診断、早期治療が重要です。社員の心の健康を気遣えるよう管理職教育も始まっています。さらに、臨床心理士などの専門家を配置して、定期的な面談を実施している企業もあります。

View Detail

精神疾患の兆候

空を見あげる男性

うつ病にはこれまでとは異なる新しいタイプが登場しています。こういったタイプは症状に気付きにくく、注意が必要です。現在ではうつ病に関するサイト情報が人気を得ています。セルフ診断も可能で、有益な情報が入手出来る点が好評です。

View Detail